ブログ

札幌「ペット」おくりびとのミルルのブログ

今回のご依頼は、まずは花送りをして、そのあとプランのご相談という流れでした。

2020.03.13

 本日ペットおくりひとでお伺いしたお客様は最初に朝10時にお電話いただいていた時にとても動揺していらして、火葬のことや、その他のことは今決断できないけど、とりあえずすぐにお花を飾ってあげたいので、お願いできますか?

 来ていただいたときにご相談したいのですが、、、、というおはなしでしたので、まずは「花送り(ご遺体をお花で囲む)」の準備をして当日お昼12:00お伺いしました。私が到着した時には落ち着いていましたが、東京に離れて暮らす娘さんが次の日の夕方に戻ってくるのでできれば火葬はそのあとにできないでしょうか?と相談を受けました。
お花はしっかりと水をつけていますので2,3日は大丈夫ですし、以前動物医さんに聞いたしっかり保冷材などで体を冷やせば2.3日でご遺体の腐敗が進み匂いや虫が出るようなことはないというお話をさせていただき、提携先の火葬業者さんに2日後の火葬のスケジュールでお話をしました。
ここで「花送り、花祭壇、火葬」のDプランということが決まりました。このような進め方もありますので、まずはお電話でご相談いただけると一番いい形でご相談に乗れます。 

 今回のペットちゃんは15歳のミニチュアダックスでした。とても家族に愛されていたんだなー、というお話をお伺いしながら、心を込めてお花を手向けてまいりました。ご家族のお気持ちとともに無事天国に行けますね。今回も少し涙を流しながらの
ペットおくりびとでした。