ブログ

札幌「ペット」おくりびとのミルルのブログ

抱きしめる温もり

2020.09.30

今回は17歳男の子のトイプードルでした。

長寿のわんちゃんが続きますね。

人間だと80歳になりますねと奥様が話してくださいました。

いつもの様に花送りを始めると旦那様が

「すいません、もう一度抱っこしていいですか?」と。

花送りの手を止めて、一旦旦那様と場所を交代すると

わんちゃんを抱きかかえ奥様が撮影されてました。

旦那様が少し涙ぐんでいたように見えます。

きっと抱っこする感覚をもう一度噛み締めたかったのですね。

花送りを再開し、どんな子でしたか?と質問すると

少し微笑みながら「ずるい子でした」と。

頭の良い子だったんだなと思いながらお花で包んで行きます。

そして花送りが終わり翌日の火葬のことなど話していると

旦那様が「このカゴのまま火葬されるんですか?」と一言。

ミルルではカゴにご遺体を入れてその周りを花で包みますが

カゴは後日回収させていただくので

ご遺体と花をカゴから出してからの火葬となります。

その旨ご説明させていただくと

「では明日の火葬の際にも抱っこできますね」と旦那様。

その愛情の深さにまた胸が熱くなりました。

人もそうですが、いつまでも触れたり抱きしめたりできるものではないんですね。

命には限りがあります。

今回もまた命の尊さにふれました。

 

ペット花の葬儀ミルルは

素敵なお花いっぱいで

皆様の愛するペットをお見送りしたいと思っております。

いつでもご相談ください。