ブログ

札幌「ペット」おくりびとのミルルのブログ

幼い命

2020.10.09

今回は生後4ヵ月男の子のねこちゃんでした。

ご自宅にお邪魔する前から

幼い子と聞いていたので

ご家族の想いを想えば

向かう足も重くなります。

奥様と小学生低学年くらいの男の子に

迎えられお宅にお邪魔すると

そこには小さな小さなねこちゃんがいました。

ご丁寧に私用の座布団をご用意いただき

奥様と息子さんが横で並んで座布団に座り

じっと見つめられながら花送りを始めます。

私も含め、お二人ともマスクをしていたのですが

息子さんがねこちゃんを見つめながら

静寂の中すっとひとつ涙を流します。

話を聞くと、ペットショップでこの子を購入し

その後先天性の病気が見つかってしまい

4ヵ月しか生きられなかったと。

この子をお宅にお迎えしたとき

そして沢山遊んだであろう息子さん気持ちを思うと

お花一つ一つ飾る手にも力が入ります。

静かな時間が流れ、花送りが終わり

片付けをしながら奥様と少しお話をし

お宅を後にしました。

幼い命に静かに見せた息子さんの涙が忘れられません。

 

どんな命でもミルルはお花でお送りしてあげたい。

ペット花の葬儀 ミルルに

お電話ください。