ブログ

札幌「ペット」おくりびとのミルルのブログ

小鳥(文鳥)の花送りに行ってきました。

2020.12.09

 先日は小鳥(文鳥)のお別れ、花送りに行ってきました。今回ご依頼いただいた方は動物病院さんの獣医さんでした。

 以前にも小鳥のお別れの時にご家族様が「小鳥をしっかり見れる先生って意外に少なくて、皆さん獣医師の免許を取ってから希望する方は各々専門的に鳥の勉強を深くするらしいですよ」と聞きました。今回のご家族の若い女性獣医師さんも現在は犬猫が専門で鳥は勉強中だったそうです。

 今回の花送り、小鳥さんでしたので最後に枝もの(今回は黒文字)を入れて森の中に安らかに眠っているようなイメージでお作りしました。ご家族様もとっても気に行っていただき、ご満足されていました。私もしっかりお手伝いが出来たこと本当にうれしかったです。

 やはり命を持っている動物、獣医師さんでもすべてを救えるわけでは無いですよね。「動物はお話できないですからね、、、、」という一言がとっても印象的でずしっと来ました。