ブログ

札幌「ペット」おくりびとのミルルのブログ

生きる糧

2020.12.13

今回は15歳キャバリアの男の子でした。

到着するとオートロックのマンションだったので

エントランスのインターホンを鳴らすと

優しそうな声の奥様が応答してくれました。

お客様専用駐車場に停めるには駐車証が必要とのことで

わざわざ1階のエントランスまで来てくれました。

お宅にお邪魔すると奥様のお母様とご兄弟の方がいらして

悲しみの中ですが見届けてくださいました。

特にお母様が憔悴していて

話を聞くと、この子はいつも

お母様にくっついていたとのことでした。

おばあちゃん子だったんですね。

2日前にお誕生日だったらしく

真新しい洋服がそばに置いてありましたので

ご遺体の上に掛けてあげて

一緒に花送りさせていただきました。

好きだった洋服やおもちゃなど一緒に火葬できます。

お誕生日は元気だったようなので

お母様のお気持ちを思えば居たたまれなくなりますね。

色々お話いただいた中花送りが終わり

最後に「よかったね〜」とこの子の頭を撫でながら

花送りを気に入っていただけた様子でした。

いつも悲しい現場ですが、私たちはその子をお花いっぱいで見送ってあげたい!

そんな想いでミルルをさせていただいております。

沢山の命にミルルが届きますように。。。

この子を失っても生きる糧は失って欲しく無いと

お母様を想いマンションを後にしました。

 

きっとこの子はきっと喜んでくれているはずです。

ご家族に感謝しているはずです。

ミルルは少しでもその想いに寄り添っていきたいと思います。